ロードサービスで多いトラブル

  • HOME > 多いトラブル

ロードサービスで多いトラブル

ロードサービスを利用する方の中で、特に多いトラブルはバッテリー上がりです。
夏になると増える傾向があります。

これは、クーラーを使う機会が多くなり、バッテリーを多く使用してしまうため。
つまり、電力の供給量と需要量のバランスが崩れると、バッテリーが上がってしまうのです。
そのため、いつもクーラーをつけるのではなく、気温の比較的低い朝や晩は窓を開けるなどして、クーラーの使用を控えると良いでしょう。

また、キーとじ込みも多くなっています。
キーのとじ込みの一番多い原因は、うっかりミス。
考えごとをしていた、疲れていた、ということを理由に挙げる人が多くなっています。

キーとじ込み対策としては、鍵を使ってドアの開閉を行う習慣をつけることが推奨されています。
スペアキーを財布の中に入れておくなどして、キーとじ込みが起きても自分で対応できるようにしておくと良いでしょう。

また、タイヤのトラブルもロードサービスでは多くなっています。
タイヤのトラブルは、高速道路で起こる可能性が高くなっています。
高速道路では、タイヤはいつもより高速回転をするため、摩耗が激しくなり、様々なトラブルを起こします。
あるデータによると、高速道路は一般道路の3倍以上もトラブルが起きやすくなっています。