ロードサービスの利用の流れ

  • HOME > 利用の流れ

ロードサービスの利用の流れ

ロードサービスを利用する場合、主に電話で連絡することになるため、電話番号をメモしておきましょう。

電話で連絡したら、まずは自分がどこにいるのかを伝えます。
詳しい住所を伝える必要はないので、大体の位置、近くにある目印となる建物などを伝えましょう。

次に、トラブルの内容、どこに問題があるのか、自動車は自力で走行することができるか、という情報を対応スタッフに伝えます。
できるだけ細かい情報を提供することで、スタッフは今後の対策を講じることができます。

スタッフが現場に到着したら、現場で修理することができるかどうかを確認します。
現地で解決できない場合は、どうすればよいのかを相談します。
この場合は、別の手段で自宅に帰る、または近くのホテルなどの施設で宿泊する、という選択を迫られます。

ロードサービスを利用するシチュエーションでは、冷静な判断をすることは困難かもしれません。
しかし、あらかじめ自分のやるべきことを知っておけば、きちんとした行動を取れるようになります。
もしもの時のために、出かける前には色々と頭の中でシミュレートしておくと良いでしょう。