冬場のトラブル

  • HOME > 冬場のトラブル

冬場のトラブル

年末年始には、まとまった休みを取る人が多くなります。

この時に車で遠出をしたり、旅行に出かける場合は注意が必要。
「雪の降る場所じゃないから」と思って出かけると、思わぬトラブルに遭ってしまいます。

冬場の自動車トラブルに、雪はつきものです。
雪でスタックしてしまったり、スリップする可能性もあります。
しかし、自動車にとっては、気温の低い所で運転をすることだけでも大きな負担をかけているのです。

例えば、バッテリー液は気温が低くなると、冷えて性能が悪くなります。
そのため、急にエンジンがかからなくなる場合もありあす。

また、ラジエーターには冷却水がついています。
冬になるとこの冷却水が凍ってしまい、ラジエーターを破損してしまう恐れもあります。

このように、冬に雪が降っていなくても、自動車にトラブルが起こるリスクは意外と高いのです。
そのため、万が一のためにロードサービスに加入をしておいた方が良いでしょう。
冬場のトラブルでも、ロードサービスは対応してくれます。

特に遠出をする場合は、利用しているロードサービス会社の連絡先をチェックしておきましょう。